今年最後の代表戦。

終了間際に松井がGOALして、アンゴラに勝利!
東欧遠征から、パサー揃いの中盤の中で松井は良いアクセントになってる感じ。
縦へのドリブルも意外性のあるトリッキーなパスも停滞気味な中盤を活性化させてくれる。
サイドからの突破もシュートの意識もあるし、今年最大の発見だった。
何よりドリブラーがいるとマークがそれにつられて、
他の選手がフリーになるし、スペースが生まれるもんね。
博多の森でJ2サンガ時代の松井を見たことあるけど、
サイドでのドリブル突破に関心したことを覚えている。
ヒールでボール浮かせて、抜いてたもんね。
あんなの初めて見たもん。
マジで翼くんみたいやった!
中盤は激戦区だけど、稲本も小野も元気ないから、
松井を生かせる4バックでダイヤモンド型の中盤を採用する時期がきてるかも。
あとはドイツW杯までに大久保と久保が使えるメドがつけばいいんだけど、
やっぱ必ず点に絡むのは、柳沢なんよね~。
まあ、FWは調子の良し悪しで決めていいかも。

ちなみにアンゴラウサギは、この日対戦したアフリカのアンゴラとは関係なく、
トルコのアンゴラ地方a0066761_2133370.jpg産らしいです。
覚えとこう。
[PR]
by hhh510 | 2005-11-17 02:43 | サッカー
<< 風邪ひいたみたい・・・。 給油したら・・・。 >>