エリザベスタウン

仕事中に今日が映画の日ということに気づいて、
帰りに予告編で気になってた『エリザベスタウン』を観に行った。
たまんなくのどが渇いてたんで、
映画館で初めてビール飲みながら観たんやけど、全然眠たくならなかった。
つまんない映画だったら、暗いしアルコール入るしで、
眠たくなったんだろうけど。
それほど、心地よくてどっぷり見入ってしまった!
人生を考えさせてくれる素晴らしい心洗われるロードムービーでした。
もちろん感動もあるんだけど、ユーモアもたっぷりな暖かい映画。
劇的な展開はないけれども、オーリーも自然な演技で好感もてるし、
相手役のキルスティンもキュートで心奪われるのが分かった。
昔、ケビン・コスナーと共演してた、お母さん役のスーザン・サランドンが、
出番は少ないんだけど、いい味出してます。
ドライブシーンの音楽も格好良くて、サントラも欲しくなった感じ。
そして、また旅に出たくなりました。

※劇中でエリザベスタウンに向かう途中に同じケンタッキー州の小さな街でルイスビル市って所も通るんだけど、その時に”ルイスビル”っていうアメリカの有名な野球用品メーカーが街の名前だったんだってのを初めて知った。
やっぱ映画って観るといろんな発見があるよね。
 
[PR]
by hhh510 | 2005-12-03 09:36 | 映画
<< 博多の森最終戦。 赤い鯛焼き。 >>