2006サニックス杯国際ユースサッカー大会・前編

ピッチを何面も擁している素晴らしい環境のグローバルアリーナで行われているこの大会。
毎年ユースだけど国内外から有名クラブが招待されているので、
観に行きたいと思ってたんだけど、いつもなかなか都合が合わず。
しかし、今回は週末休みと重なって、
しかも、我がヴェルディユースが出場するとあって、車で実家に帰る途中に宗像へ。
駐車場からはシャトルバスで会場へ。
早速、主会場である”グローバルスタジアム”での
準々決勝・東京ヴェルディ1969対鹿児島実業ユースを観戦。
何と強豪・鹿実を相手に6-0の大勝。
ヴェルディのテクニカルな選手達が作り出す、
成熟したパスサッカーがチャンスを作りまくり、圧倒したって感じかな。
しかも、成田、和田、オサマ、征矢、金澤、皆川と6人もの選手が得点。
もうヴェルサポとしては満足しっぱなしだし、将来が楽しみな選手ばかりだ。
次の試合は準々決勝・ACミラン対韓国代表だったんだけど、
イタリアの選手達はすごく大人びているし、格好いいっ!
しかもあのロッソネロのユニにはやはり憧れてしまう。
ということで韓国も良く走ったんだけど、ミランが2-0で貫禄の勝利。
そして、いよいよ準決勝・東京ヴェルディ1969対鵬翔の対戦。
鵬翔側のスタンドで見てたんだけど、
宮崎から父兄の応援団が大勢駆けつけてて、
目の前にいたおばさんから、なぜかホットコーヒーをご馳走してもらった。
しかも、お菓子まで貰ってしまった。
ありがとう。
でもヴェルディ応援してます。
ゴメンちゃい。
ちなみに鵬翔は準々決勝で日本代表に対して1-0で逃げ切ってたらしい。
両チームとも午前の試合から、3時間のインターバルをあけての試合なので、
体力勝負になる感が。
開始10分で鵬翔が先制するも、
オサマが2得点、和田、皆川の1点ずつの計4得点。
最後に鵬翔も意地を見せ、1点を返すが、まもなく長いホイッスル。
結局、4-2でヴェルディ勝利っ!
見事に決勝進出。
ヴェルディ強しっ!
勝負強さが身についてる感じだ。
決勝の相手は、アヤックスとミランの勝者になることに。
この対戦も大注目のカードなんだけど、用事があるので残念ながら帰ることに・・・。
でも決勝戦でのヴェルディの雄姿を観に明日も来ることになりそうだ!
a0066761_13405226.jpg


a0066761_1341320.jpg


a0066761_13443055.jpg


[PR]
by hhh510 | 2006-03-26 01:15 | サッカー
<< 2006サニックス杯国際ユース... 西武ライオンズ戦。 >>