<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2006サニックス杯国際ユースサッカー大会・後編

ミラン対アヤックスが2-0でアヤックスが勝利したと言うことで、
決勝は東京ヴェルディ1969対アヤックスに決定。
前半にヴェルディは、キャプテンのCB金沢を一発レッド退場で失ってしまうが、
1点ビハインドの後半開始直後から一人少ない分を豊富な運動量で補い、
アヤックス陣内での攻防となる。
そして開始間もなくセットプレーから、征矢のゴールで同点に追いつく。
ここからアヤックスも目の色が変わり攻めに出るが、
ヴェルディも一人少ないどころか、一人多いんじゃないかと思うくらい、
攻守に走り続け、体も張り必死で守り抜く。
結局、後半は1-1で終了し、10分ハーフの延長戦へ。
熱い攻防が続くが、選手も疲れていてミスも多くなる。
そしてついに途中交代の皆川が決勝ゴール!
ホイッスルが鳴った途端、一斉に芝生に寝ころんでしまうアヤックスの選手たちと
歓喜のヴェルディの選手たちの姿が好対照だった。
ヴェルディユースが最後まで諦めないそしてくじけない闘志と運動量で逆境をはねのけ、
ドラマチックな勝利をおさめた!
本当に感動した。
こんな劇的な勝利を見たのはいつ以来だろう。
しかも生でこの目で見れるなんて、幸せの限りだ。
アヤックスユースは、試合始まってすぐに訪れた優位によって、
受けに回って、精神的な部分で遅れをとった感が・・・。
流れを引き寄せないと勝てる試合も落としてしまう。
それに比べてヴェルディユースは精神的にタフだった!
このタフさと勝ち癖をJ2落ちしたトップチームに伝えて欲しい。
興奮が冷めやらぬうちに表彰式の準備が始まり、緑のピッチに全チームが集合。
国内外の強豪チームがひしめく様子は壮観だ。
この代表チームが参加している中でのクラブチームの優勝には本当に勝ちがある。
思った以上に素晴らしい国際大会だったので、来年もぜひ観に来たいと思う。
若い世代のフレッシュなサッカーも見どころ満載だし、
若い世代の国際交流も意義が大きい。
僕自身のサッカー観も少し変わった気もする。
これが無料というのが不思議だけど、大歓迎だし、
サッカーを愛する人にとって、こんな幸せな贅沢な空間は他にありません。
a0066761_13453660.jpg


a0066761_13454758.jpg


a0066761_13455646.jpg


[PR]
by hhh510 | 2006-03-27 01:33 | サッカー

2006サニックス杯国際ユースサッカー大会・前編

ピッチを何面も擁している素晴らしい環境のグローバルアリーナで行われているこの大会。
毎年ユースだけど国内外から有名クラブが招待されているので、
観に行きたいと思ってたんだけど、いつもなかなか都合が合わず。
しかし、今回は週末休みと重なって、
しかも、我がヴェルディユースが出場するとあって、車で実家に帰る途中に宗像へ。
駐車場からはシャトルバスで会場へ。
早速、主会場である”グローバルスタジアム”での
準々決勝・東京ヴェルディ1969対鹿児島実業ユースを観戦。
何と強豪・鹿実を相手に6-0の大勝。
ヴェルディのテクニカルな選手達が作り出す、
成熟したパスサッカーがチャンスを作りまくり、圧倒したって感じかな。
しかも、成田、和田、オサマ、征矢、金澤、皆川と6人もの選手が得点。
もうヴェルサポとしては満足しっぱなしだし、将来が楽しみな選手ばかりだ。
次の試合は準々決勝・ACミラン対韓国代表だったんだけど、
イタリアの選手達はすごく大人びているし、格好いいっ!
しかもあのロッソネロのユニにはやはり憧れてしまう。
ということで韓国も良く走ったんだけど、ミランが2-0で貫禄の勝利。
そして、いよいよ準決勝・東京ヴェルディ1969対鵬翔の対戦。
鵬翔側のスタンドで見てたんだけど、
宮崎から父兄の応援団が大勢駆けつけてて、
目の前にいたおばさんから、なぜかホットコーヒーをご馳走してもらった。
しかも、お菓子まで貰ってしまった。
ありがとう。
でもヴェルディ応援してます。
ゴメンちゃい。
ちなみに鵬翔は準々決勝で日本代表に対して1-0で逃げ切ってたらしい。
両チームとも午前の試合から、3時間のインターバルをあけての試合なので、
体力勝負になる感が。
開始10分で鵬翔が先制するも、
オサマが2得点、和田、皆川の1点ずつの計4得点。
最後に鵬翔も意地を見せ、1点を返すが、まもなく長いホイッスル。
結局、4-2でヴェルディ勝利っ!
見事に決勝進出。
ヴェルディ強しっ!
勝負強さが身についてる感じだ。
決勝の相手は、アヤックスとミランの勝者になることに。
この対戦も大注目のカードなんだけど、用事があるので残念ながら帰ることに・・・。
でも決勝戦でのヴェルディの雄姿を観に明日も来ることになりそうだ!
a0066761_13405226.jpg


a0066761_1341320.jpg


a0066761_13443055.jpg


[PR]
by hhh510 | 2006-03-26 01:15 | サッカー

西武ライオンズ戦。

仕事が終わって、今季初開催の北九州市民球場へ急ぐ。
が、さすがに渋滞してる。
それにとにかく寒い・・・。
まるで真冬並だ。
コートを着込み、満員の三塁側内野席に陣取り、震えながらも生ビールを飲む。
先発はカラスコとグラマンの両外国人投手。
初先発のカラスコが大乱調で7四死球、7被安打9失点と散々たる内容。
客席からはブーイングの嵐だったが、王監督は全く交代する気配無し。
ライオンズはゴールデンルーキー炭谷の2HRなどを含む計18安打の猛攻っ!
ホークスもズレータのHRなどで反撃するが、結局13-4の大敗!
あまりの負けっぷりにお客さんはラッキーセブン終了時点で家路につく人が目立った。
しかも、試合終了後は北九名物?のガキ共のグラウンドへの乱入が始まった。
警備員とのおっかけっこを見て笑えた。
若さって何なんだろうって・・・。
真剣に凍死しそうだったが、帰りの資さんうどんで食べて温まって生き返った!
やはり野球観戦って当たり外れがあるね~。
まあ、始まらんと分からんのやけど。
けどやっぱドームより野外が好きです。
グラウンドの匂いがするから・・・。
a0066761_1103368.jpg


a0066761_1104586.jpg


[PR]
by hhh510 | 2006-03-23 01:10 | 野球

J1第4節・名古屋グランパス戦。

WBC決勝戦にもかかわらず、1回の攻防だけ見て天気の悪い中、博多の森へ。
天気とWBCのせいか客入りはイマイチ。
しかも、前半DF千代反田が自陣ペナルティーエリア内でファールし、
玉田に決められて名古屋が先制。
エースのグラウシオがいない為、後半はアレックスを前線に、
そして、FW林も投入して、攻め続けるが決定機を外しまくり、そのままタイムアップ。
今季初黒星を喫した。
天候も試合内容も寒いし、こんなことなら家でWBCをテレビ観戦した方が良かったかも。
アビも怪我人ばかりで戦力ダウンで弱いけど、
グランパスも新監督のもと、どんなサッカーがしたいのかよう分からん。
多分、相当苦労するだろう。
帰りは雨でずぶ濡れになりながら、空港まで歩いて帰った。
よく風邪ひかなかったなぁ。
その後は、神でWBC優勝の号外を貰って、親不孝の居酒屋で晩ご飯。
スポーツ観戦って当たり外れがあると改めて実感した一日でした。
[PR]
by hhh510 | 2006-03-17 23:13 | サッカー

わっぱ定食堂

ウオーキング大会で食べれなかった豚汁が無性に食べたくなったので、
仕事帰りに警固の『わっぱ定食堂』に行ってきた。
ずっと来たかったんだけど、通り道でもないし、
なかなか来れず。
いつも通り、店内は活気があって綺麗だ。
メニューも盛り沢山で定食もいろいろあるんだけど、
もちろん”豚汁定食”690円に決定。
バリバリ具だくさんで、あったまるー。
器も大きくて食べてもなかなか減らない感じ。
一緒にゴマサバと塩サバが付いてきた。
マジ最高です。
こんな素晴らしい定食を他に食べたことがないかも。
しかも、漬物とか梅干とかは食べ放題でご飯もおかわり自由だなんて、
もう文句無いです。
つーか、大好きです。
ちなみに帰る時は何人か並んで待ってたくらいな大人気店です。
お近くの人は絶対行くべしな名店です。
a0066761_22493358.jpg

[PR]
by hhh510 | 2006-03-17 22:49 | 食事

元祖 ぴかいち

仕事帰りに前から行きたかった『元祖ぴかいち』へ。
ここは王監督や井口選手も良く来るらしい博多駅近くの有名店。
”四川黒胡麻担々麺”600円を食べたんだけど、
う~ん、美味いっ!
辛いんだけど、黒胡麻はまろやかにしてくれてて、絶品だ。
そして、また来たいと思わせてくれる店でした。
次回は人気NO.1の皿うどんを食べてみようっと。
a0066761_22265024.jpg

[PR]
by hhh510 | 2006-03-17 22:17 | 食事

新北九州空港ウオーキング大会

新北九州空港の開港を記念して、
開港2日前に行われたウオーキング大会に参加してきた。
会社関連のイベントだったので出勤扱いにしてくれるってことだし、
最近、めちゃめちゃ運動不足なので自分の体力試しに参加しようってことに。
いつも出社するより早く起きてJR朽網駅に着いたら、かなりな猛吹雪で、
雪が横から降りつけてきて、まさに銀世界。
完全防寒スタイルで来て大正解だった。
上司・同僚がスタッフとして働いていたが、
そのまま、一番長い新空港プロムナード20kmコースへスタートする。
新空港連絡道路から、
無料で通れる橋としては日本で2番目に長いという2100メートルの海上橋を歩き、
新空港がある空港島へと渡るが、もの凄い風で飛ばされそうになる。
しかも向かい風だから、全然前に進まない・・・。
何とか踏ん張ったが、子どもとか女の子はフラフラ状態で大変そうだった。
10km歩いて、折り返し地点の新空港ターミナルビル内を見学する。
小ぢんまりとしたビルで、新しいのでどこも気持ちがいい。
『ドォーモ』の取材も来ていた。
帰りは追い風だったから、ちょっとは楽だった感じ。
炊き出しの豚汁がすでに終了してたのと、
スターフライヤーのツートンカラーの飛行機が見れなかったのが残念だったけど。
結局、無事完歩して、5時間半くらいかかったかな。
意外と頑張れた。
まだまだ若いな・・・。
それにこの日は誕生日だったので、いい記念になったかも。
a0066761_2154447.jpg

[PR]
by hhh510 | 2006-03-15 02:15 | 休日

J1第2節・大宮アルディージャ戦。

ついに待ちにまったアビスパが5年ぶりのJ1の舞台に帰ってきた。
もうホーム開幕戦を待ちきれなくてキックオフ2時間前に博多の森に到着。
このドキドキ感がたまらない。
もしかしたら、始まる前のこの時間帯が一番好きなのかも知れない。
アビは怪我人もなく、現時点でのベストメンバー。
注目は新加入の布部、薮田、久藤、金子の4人。
他クラブでそれ何に実績のある選手たちなので、大丈夫だろうが、
アビにフィットするだろうかが心配。
対する大宮は代表クラスの新戦力を多数補強していて、今期の台風の目になる予感も。
ビッグフラッグも登場してのセレモニーが終了して、いよいよキックオフ!
早くも前半9分薮田からのパスを受けてのドリブルからアレックスが先制。
拍子抜けするくらいにアッサリな先制点だった。
そのまま勢いに乗りたかったが、
序々にボール支配率が落ち、後半CKから土屋の豪快なヘッドで同点に追いつかれる。
そして、そのまま同点で試合終了。
まあ、初戦にしてはまずまずか。
開幕だけにさすがに気持ちも入ってて運動量も多く、守備もしっかりしていた。
どうにか松田監督の目指しているサッカーの方向性は見えてきた。
a0066761_241569.jpg

[PR]
by hhh510 | 2006-03-01 02:17 | サッカー